SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

halt if days > 3

よくある日々の徒然を書き捨てるサイト。
或いは、三日坊主の管理人が何日まで耐えられるかをウォッチするためのサイト。
<< ラジオは習慣です | main | カルビー 無検査の種イモ栽培で家宅捜索 >>
BCB5 ライブラリの不具合?
0
    仕事で使っているグラフィックデータ管理ツールに、特定のビットマップ
    データが読み込めないというバグを発見。

    「ストリームからの読み込みエラー.」というエラーメッセージが表示されて
    読み込めないのだ。

    色々調べてみると、このツールは Borland C++ Builder5 で作られており、
    そのライブラリの不具合であることが疑われた。

    試しに、OpenPictureDialogでプレビューを表示させようとしたところ、
    見事にダウン。
    (ちなみに、Photoshopで1024×296(4bit)のデータを作成して食わせると
    100%失神します)

    どうやら、特定の条件のデータで、ワードアラインで補正されたもの以外は
    ちゃんと読めるみたいなので、付加された下駄を外すツールを作成して対応。

    ほんまにこんな対応で良いのかは謎ですが……(-_-;
    もっとよく調べてみたら、ビットマップ情報ヘッダのデータが正確だったら
    ワードアラインで補正されていても読める事が判明。
    (そもそも、ビットマップはボトムアップでデータを保持しているから、
    お尻に余分なデータがあっても無視される筈)

    最初はメモリリークも疑ったけど、読み込みは正常に終了していて、
    イメージ作成ライブラリの内部でコケている模様。
    それ以上は追いかけ切れず、断念……(-_-;

    ……と、ある程度の原因がわかったところで、他社作成のツールだから、
    根本的には何ともしようが無いんだよなぁ……(-_-;

    この不具合は、Bulder6では直っているのかしらん。。
    | つれづれ | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.piroyan.com/trackback/63266